地元でコンビニアルバイトを行っていた思ったこと

私は高校までは田舎の地元で生活しており、コンビニバイトやホテルでの宴会の片付けなどのアルバイトを行っていました。この時は人生で初めて働いたということで、とにかく給料を貰えるだけで嬉しかったです。

その後都内の大学に進学して一人暮らしを始めました。またアルバイトを始めた訳ですが、やはりその種類や数は桁違いでした。とにかく色々なアルバイトがあるので、どれが良いのか迷った程です。また最低時給を見ると、都内の方が地元より百円以上高かったです。

ですからアルバイトをする場合は、都内は魅力的だと感じました。

アルバイト、と聞いて一番に思い付くのがコンビニバイトではないでしょうか。あちこちで募集が常が行われてる事から、応募しやすいというのもありますし、コンビニ自体に行く機会も多い事から仕事内容もなんとなくですが把握できるので、それほど難しい事はないだろうと気軽に応募したのが間違いでした。

コンビニは日常のあらゆることが揃う店である事から、仕事の内容も多種に渡ります。

とにかく覚える事が多くて、毎日必死にメモにとって先輩アルバイト店員に質問していました。

しかし、コンビニで仕事が出来るようになると、他のアルバイトへ行くと必ず「気が利く」と言われるようになったので、コンビニのアルバイト経験はそこからの人生に役立つものだとも思いました。
[PR]
by ooopo54 | 2014-04-29 09:54


<< テレビ局の番組モニターのアルバイト ハンバーガー屋さんでのアルバイ... >>